Sacrifice


「彼女こそ…私のエリスなのだろうか…」
 

(Sacrifice, Sacrifice, ah...Sacrifice, Sacrifice, ah...)


無邪気な笑顔が 愛らしい妹は 
神に愛されたから 生まれつき幸福(しあわせ)だった 


一人では何も 出来ない可愛い天使 
誰からも愛される 彼女が妬ましかった 


器量の悪い私を 憐れみないでよ… 
「──惨めな思いにさせる、妹(あの子)なんて死んじゃえば良いのに…」 


(Sacrifice, Sacrifice, ah...Sacrifice, Sacrifice, ah...)


あくる日妹は 高熱を出して寝込んだ 
ごめんなさい神様 あの願いは嘘なんです 


懺悔が届いたのか やがて熱は下がった 
けれど今度は母が 病の淵に倒れた 


母が今際の時に遺した言葉は… 
「──妹(あの子)は他人(ひと)とは違うから、お姉ちゃん(あなた)が助けてあげてね…」 


(Sacrifice, Sacrifice, ah...Sacrifice, Sacrifice, ah...) 


母が亡くなって 暮らしにも変化が訪れ 
生きる為に私は 朝な夕な働いた 


村の男達は 優しくしてくれたけど 
村の女達は 次第に冷たくなっていった 


貧しい暮らしだったけど 温もりがあった… 
「──肩を寄せ合い生きてた、それなりに幸福(しあわせ)だった…」 


それなのにどうして…こんな残酷な仕打ちを…教えて神様! 
妹(あの子)が授かった子は 主が遣わし給うた 神の御子ではないのでしょうか? 


──妹が子供を身篭もっていることが発覚した夜 
村の男達は互いに顔を見合わせ口を噤んだ 
重い静寂を引き裂いたのは耳を疑うような派手な打音 
仕立屋の若女将が妹の頬を張り飛ばした音… 


〔泥棒猫…可哀想な子だと…世話を焼いて…恩知らず…〕
 

──断片的な記憶…断罪的な罵声… 
嗚呼…この女(ひと)は何を喚いているんだろう? 気持ち悪い 
ぐらりと世界が揺れ 私は弾け飛ぶように若女将に掴みかかっていた… 


緋く染まった視界 苦い土と錆びの味 頭上を飛び交う口論 神父様の怒声 


〔純潔の…悪魔の契り…災いの種…マリア様の…誰もガブリエルを…火炙りだ〕


「嗚呼…悪魔とはお前達のことだ!」


──そして…妹は最後に「ありがとう」と言った… 


心無い言葉 心無い仕打ちが どれ程あの娘を傷付けただろう 
それでも全てを…優しい娘(こ)だから…全てを赦すのでしょうね… 


「でも、私は絶対赦さないからね…」

「この世は所詮、楽園の代用品でしかないのなら、罪深きモノは全て、等しく灰に帰るが良い!」
 

──裸足の娘 凍りつくような微笑(ほほえみ)を浮かべ 
揺らめく焔 その闇の向こうに『仮面の男』を見ていた──